金メダリスト岩崎恭子と吉本芸人が加美町に!リバーサイドフェスティバル in加美

宮城県の北部、加美町にオリンピックの金メダリスト「岩崎恭子さん」と、吉本芸人「バクコメ」がやってくるイベントです!

2019年9月14日、鳴瀬川のカヌー場を会場として「リバーサイドフェスティバル in加美」が開催されます。

ここではスペシャルゲストや場所など、イベントの情報をご紹介します。

『リバーサイドフェスティバル in加美』の日程

「リバーサイドフェスティバル in加美」の開催日時は次のとおりです。

・開催日⇒2019年9月14日(土)

・開催時間⇒11:00~15:00

『リバーサイドフェスティバル in加美』会場の場所

「リバーサイドフェスティバル in加美」の会場の場所をご紹介します。

会場は、加美町中新田の「B&G 海洋センター及び鳴瀬川カヌーレーシング競技場」です。

住所⇒加美町米泉字成瀬川16 番地

『リバーサイドフェスティバル in加美』のゲスト

「リバーサイドフェスティバル in加美」にやってくるゲストをご紹介します。

バルセロナオリンピック競泳金メダリスト、岩崎恭子さん

「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」

言わずと知れた、岩崎恭子さんの名言ですね。

1992年、バルセロナオリンピックの競泳女子200m(平泳ぎ)で、全く無名の14歳だった岩崎恭子さん。

オリンピック決勝では自己記録を大幅に更新し、史上最年少での金メダル獲得に日本中が湧きました。

そんな岩崎恭子さんが加美町にやってきますよ。

金メダルを獲得したことで、様々な苦悩も あったようです。

岩崎恭子 14歳で金メダル、今も失われた2年間の記憶

家から一歩出ると多くの人の視線にさらされ、学校の行き帰りには、見知らぬ人に何度も後を付けられました。

知らない人に「14年しか生きていないのに何が分かる」とか「私なんて何年生きていてもいいことないよ」とか声を掛けられ、今だったら「幸せと感じるのは、何歳でもいいでしょ」と思うんですけど、まだ思春期になったばかりですから、ズサズサ心を切られましたね。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-40226982-woman-life&p=2

リバーサイドフェスティバル in加美のトークショーでは、当時のエピソードが聞けるのでしょうか?

吉本興業所属の宮城県 ”住みます芸人”、「バクコメ」

2019年、闇営業問題で連日話題となった”吉本興業”から、お笑いコンビ「バクコメ」がやってきます。

バクコメは、旧コンビ名「爆笑コメディアンズ」。

ボケ担当の秀作(しゅうさく)と、ツッコミ担当の半澤 弘貴(はんざわ こうき)によるコンビです。

半澤さんは宮城県名取市の出身なんですね。秀作さんは神奈川県横浜の出身です。

宮城にゆかりがあるからか、「宮城県住みます芸人」と称して宮城県に住んでいるそうです。

ぜひ宮城県を全国にアピールしていただきたいところですね。

『リバーサイドフェスティバル in加美』のタイムスケジュール

「リバーサイドフェスティバル in加美」では、ゲストのトークショーの他にも楽しいイベントが盛りだくさんです。

主なイベントとして、次のイベントが開催されます。

  • ストライダー
  • カヌー体験
  • パラスポーツ体験
  • 消防士体験

詳しくは、ポスターをご覧下さい。

金メダリスト岩崎恭子と吉本芸人が加美町に!リバーサイドフェスティバル in加美のポスター1

http://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=15915

金メダリスト岩崎恭子と吉本芸人が加美町に!リバーサイドフェスティバル in加美のポスター2

http://www.miyagi-kankou.or.jp/kakikomi/detail.php?id=15915

まとめ

バルセロナオリンピック金メダリストの岩崎恭子さんと、

吉本興業の”宮城住みます芸人”、バクコメがやってくる、

「リバーサイドフェスティバル in加美」のイベント情報についてご紹介しました。