改元前日!平成のイメージカラーは何色だった?私の平成色を発表!

いよいよ平成最後の日。平成を色で表現したら何色になる!?

本日、平成31年4月30日です。

いよいよ平成最後の日を迎えました。

皆さんにとって平成とはどんな時代だったでしょうか?

テレビでは平成を振り返る特番が相次いで放送され、平成の31年間の出来事を思い出すことが出来ました。

昭和生まれの私が平成を迎えたのは小学生の時。それから現在まで、ずいぶんいろいろな出来事があり、いろいろな変化があったように思います。

そこで今回はそんな平成の時代を「色」で表したら何色になるだろうか?ということを考えてみました。31年間の平成って何色のイメージでしょうか?

⇒令和元年は心機一転!注目のあの人に学ぶ朝の習慣、オススメはこれ!

⇒GW最終日の過ごし方とやることのススメ!連休明けの憂鬱対策も!

ズバリ、私のイメージした平成の色は「灰色」です!

結論から言いますと、

私のイメージした平成の色は、「灰色」です。

理由は、平成に起きた出来事を振り返ってみたところ灰色をイメージすることが多かったからです。

他には「青」もイメージしましたが、僅差で「灰色」に決定しました。

ちなみに今日の天気は雨で、空が灰色です(^^;)

平成の出来事を振り返り、イメージカラーを決定。2位は「青」

平成に起きた出来事を、簡単に振り返ってみます。

・小渕恵三氏が「平成」と書かれた額縁を掲げているシーン
・バブル経済が崩壊
・ジュリアナ東京がオープン
・週休2日制が本格的にスタート
・サッカー「Jリーグ」が開幕
・日本人初の女性宇宙飛行士・向井千秋さんが宇宙に旅立ちました
・家庭用ゲーム機「Playstation」「セガサターン」が発売
・平成7年、1月17日に阪神淡路大震災が発生
・「ルーズソックス」「アムラーファッション」
・冬季長野オリンピックが開催
・平成11年(1999年)は20世紀最後の年で、ミレニアムブーム
・日曜日のときに月曜日が振替休日となる「ハッピーマンデー制度」導入
・平成13年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生
・FIFAワールドカップが日本と韓国共同で開催
・「ニンテンドーDS」と「プレイステーション・ポータブル」発売
・芸能界ではオネエブーム
・iPhone 3Gが日本で発売され、日本でスマートフォンが普及するきっかけとなりました
・平成23年3月11日、東日本大震災が発生
・東京スカイツリーが開業
・「ブラック企業」
・「インスタ映え」が流行語

簡単に平成の出来事をまとめましたが、上記のうち赤文字で表した項目について、私は灰色・白・黒といったモノトーンをイメージしました。

例えば同時多発テロや地震ではコンクリート、瓦礫のイメージから灰色をイメージし、ルーズソックスの白、スカイツリーの灰色、ブラック企業の黒、といった感じです。

青文字で表したものは青をイメージした出来事です。サッカーのユニフォームや、宇宙飛行士の宇宙服から連想しました。

こうして見ると、モノトーンをイメージする出来事が多く、その結果が「灰色」となりました。

 

「灰色」の持つイメージはどんな感じ?

灰色の持つイメージとしては一般的に、

曖昧、陰気、不安、落ち着き、控えめ、汚れた、疑惑、不正、悲しみ、シック などがあるようです。

マイナスイメージのキーワードが多いように感じますね。

参考サイト⇒販促の大学

https://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/4163/

まとめ

私の平成に対するイメージ色は「灰色」でしたが、

みなさんのイメージする色は何色でしょうか?

そして、明日から元号は「令和」に変わります。

2019年4月1日、新元号が発表されました!「令和(れいわ)」です!

「令和」は一体どんな色の時代になるのでしょうか?

ぜひとも明るい色でいっぱいの時代になることを期待したいと思います!

関連記事⇒2019流行語予想|丸山議員の「ワロタピーポー・おまゆう」より意味不明な言葉を調査!