GW最終日の過ごし方とやることのススメ!連休明けの憂鬱対策も!

ゴールデンウィークもいよいよ最終日となりました。

みなさん、この連休はいかがお過ごしだったでしょうか?

2019年のGWを振り返ると、何といっても5月1日に平成から令和への改元という、歴史的な出来事がありました。そして、それに伴い10連休という超大型連休となりました。

改元前日!平成のイメージカラーは何色だった?私の平成色を発表!

そんな連休も今日が最終日。明日から普段の生活に戻らなくてはいけないということで憂鬱な気分になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、明日からの通常営業に向けてGW最終日にやるべきことをまとめてみました。

明日からの生活(通常の仕事や学校や家事など)の準備をしよう!

よくネット上では「最終日は比較的空いているので観光がオススメ」とか「温泉でリラックスするのがオススメ」といった情報があります。それはそれで良い事なので私もオススメしますが、今回はそれ以外で私の経験を踏まえた、生活リズムを戻す上でやるべきことをお伝えしたいと思います。

目覚ましのセッティングを確認する

目覚まし時計のアラーム時間、休日モードになっていませんか?

私は休み明け、通常のアラーム時間に直すのを忘れて、寝過ごした経験があります(^^;

今すぐ、目覚まし時計のアラーム設定の確認をオススメします。

体内時計を普段通りに戻す

休日は普段と違う生活リズムになりがちです。特に今回のように10連休もすると、体内時計が休日モードになっているかもしれません。

通常のリズムを思い出させるように、食事時間、寝る時間などを通常と同じ時間にして体を慣らしていきましょう。

明日の曜日の確認を忘れずに

これも結構忘れがちなのですが、休み明けの日を月曜日と勘違いすることがあります。

今日、2019年5月6日は月曜日です。明日5月7日は火曜日です!

私の住んでいる地区は火曜日が燃えるゴミの収集日なので、まさに明日が燃えるゴミの日なのですが、休み明けということで月曜日と勘違いしてゴミ出しを忘れることがありました。

他にも、会社にて曜日を勘違いしたり、子供が通学するにあたって曜日ごとの決まりや持ち物を勘違いする可能性もあります。

みなさん、明日は火曜日ですので勘違いなさらないように気をつけましょう。

連休中にやり残したことをなるべく少なくする

連休中にやりたかったのにやり残したことがあると、仕事や学校が始まってからそのことが気に掛かり、集中できなくなる恐れがあります。

「あと1日あったら出掛けたかった」「あれもやっておきたかったのに出来なかった」などなど。

ただでさえ憂鬱な連休明けなので、仕事や勉強が手につかなくなるのは明白です。

そうならないように、なるべくやり残したことのないように最終日はやりたいことをやりきりましょう。

最終日なので旅行は難しいかもしれませんが、部屋の片付けや掃除、衣替え、車の洗車、プランターに種をまく、子供と遊ぶ時間を作る、買い物、実家に電話してみる、などまだ出来ることはあると思います。

やりたかったことはやりきり、出来なかったことは次の連休へ持ち越すんだと割り切って、気持ちの切り替えをしましょう。

気持ちを明るくする方法「何にでも令和最初の」をこじ付ける

これは今年しか出来ないテクニックです。

気持ちが憂鬱で落ち込みがちな連休明け。「また普段通りの生活だ・・・」と思うと嫌になってきますが、今年は気分・マインドを変えていきましょう。

そう、今から始まることは「令和最初の○○」ってことが沢山ありますよね!

例えば、

  • 令和最初の、通勤だ!
  • 令和最初の、家族へのお弁当だ!
  • 令和最初の、取引先とのやりとりだ!
  • 令和最初の、残業だ!
  • 令和最初の、授業だ!
  • 令和最初の、部活だ!

などなど、些細なことでも挙げれば沢山あります。

くだらないけどあえてその言葉を付けることで、いつもとは違う新鮮な気持ちで取り組むことが出来る可能性がありますよね。自分の中のマインド、感じ方を軽くするテクニックです。

ふざけ半分でも言ってみると、意外と気分が変わるものですよ。

令和への改元に合わせて、新しい習慣を始めることもオススメです!

令和元年は心機一転!鴨頭嘉人さんに学ぶ朝の習慣、オススメはこれ!

まとめ

連休最終日にやるべきことをまとめてみました。

みなさん、明日からの準備にぬかりはないでしょうか?

連休明けの朝、スタートが大事ですので良いスタートを切れるように、最終日のきょうはしっかりと準備していきましょう!

令和最初のGW明け、ステキな毎日になりますように!