【仮面ライダーゼロワン】画像・モチーフ・変身ベルトの前評判を調査!

【仮面ライダーゼロワン】画像・モチーフ・変身ベルトの前評判を調査!

令和になって最初の仮面ライダーが発表されました!

令和元年(2019年)9月1日から、テレビ朝日系で全国放送される令和最初の仮面ライダー。

その名は『仮面ライダーゼロワン』です!

元号が「平成」から「令和」になって初めての「仮面ライダー」シリーズとなる本作『ゼロワン』のテーマは「AI=人工知能」。

(中略)

本作で仮面ライダーゼロワンに変身するのは、祖父・飛電是之助の遺言により、飛電インテリジェンスの二代目社長に”いきなり”任命された青年・飛電或人(ひでん・あると)。彼は、人類絶滅を目論むサイバーテロリスト「滅亡迅雷.net」によって暴走させられたヒューマギアに立ち向かうべく、飛電ゼロワンドライバー(変身ベルト)とプログライズキーを使って仮面ライダーゼロワンに変身し、人間をはるかに超えた特殊装備の数々を使いこなす。

出典元:https://news.mynavi.jp/article/20190718-861628/

なんだか人工知能が出てくるあたり、新時代の仮面ライダーといった感じがします。

ワクワクしますね。

今回は仮面ライダーゼロワン”ビジュアル””モチーフ””変身ベルト”について、

放送前の評判を調査してみました。

仮面ライダーゼロワン、画像(ビジュアル)の前評判は?

仮面ライダーゼロワンのビジュアルは、まずシャープな第一印象です。

”これぞ仮面ライダー”というようなバッタ顔に、シンプルで細身の体つき。

そして黄色と黒のコントラストが目に焼き付きます。

はっきり言って「かっこいい」です!

ツイッターの評判もかなり良いようですね。

仮面ライダーゼロワン、モチーフの前評判は?

仮面ライダーゼロワンのデザインモチーフには、1971年から1973年にかけて放送された第1作『仮面ライダー』の仮面ライダー1号、仮面ライダー2号と同じく「バッタ」が用いられている。

仮面ライダー1号、2号が”バッタ”モチーフのヒーローであることには深い意味付けがあり、令和という新時代を迎えてから1作目となる『仮面ライダーゼロワン』が仮面ライダーの”原点”に戻り、バッタモチーフのヒーローとして誕生したことからは、企画・制作を行うスタッフ陣の並々ならぬ意気込みがうかがえる。

出典元:https://news.mynavi.jp/article/20190718-861628/

仮面ライダーゼロワンは久々となる”バッタ”がモチーフになっているよう。

やはり、「このバッタのような顔が仮面ライダーらしくて良い」と思った方も多いのでは?

近年の仮面ライダーはバッタ顔よりも奇抜なデザインの方が多かったように思います。

ツイッターを見ても、バッタのモチーフに好感が持たれているようです。

仮面ライダーゼロワン、変身ベルトの前評判は?

仮面ライダーゼロワンの変身ベルトを調べてみました。

変身ベルトの名前は「DX飛電ゼロワンドライバー」(でらっくすひでんぜろわんどらいばー)。

価格は6980円(消費税別)。

バンダイの公式ショッピングサイト”プレミアムバンダイ”では、

8月1日の午前11時から、抽選で先行販売されます。

一般には8月31日が発売予定日です。

変身ベルト「飛電ゼロワンドライバー」は、“生物の力を宿した”キーアイテム「プログライズキー」をセットすることで、仮面ライダーへの変身や、生物の特徴に応じたさまざまな攻撃を発動できるアイテムだ。

変身ベルト DX 飛電ゼロワンドライバー
価格:6,980円(税抜)
発売日:2019年8月31日(土)
セット内容:飛電ゼロワンドライバー×1、ライジングホッパープログライズキー×1
電池:単4乾電池×3(別売) / LR44×3(付属)
販売ルート:全国の玩具店、百貨店・家電・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネット通販など

出典元:https://animeanime.jp/article/2019/07/17/46963.html

「プログライズキー」をセットすることで、様々なギミックや遊び方が出来るようです。

色んなおもちゃに波及しそうですね。

ツイッターの評判を見ると、変身ベルトも概ね好評なようです。

まとめ

今回は、今回は仮面ライダーゼロワンの”ビジュアル”、”モチーフ”、”変身ベルト”について、

ツイッターでの評判を調べてみました。

みなさんの反応は良好で、期待で今からワクワクしちゃいます。

放送開始までまだ1ヶ月以上ありますが、楽しみにしていきましょう。